愛猫との出会い

キャットフード 15歳以上

はじめまして、30代のOLをしている愛猫家のマイです。

 

家にはアメリカンショートヘアのメス16歳がいます。どんなにヘトヘトで帰ってきてもドアの前に駆け寄ってきてくれる彼女は癒しの存在です。( *´艸`)

 

私の猫好きはもともと祖母の影響で、祖母の家には常に家の中に6匹、庭には半外飼いのような形で6匹以上いるような環境でした。そんな折、家でも猫を飼いたい!と思った私が両親に相談し我が家にやってきたのが、小柄で華奢なアビシニアンの女の子でした。

 

しかし、飼い始めてまもなくして数日、ずっと下痢が止まらない…
「ただの下痢だからすぐ治るでしょ」と、軽い気持ちで連れて行った動物病院で獣医さんに言われた言葉は「この子、もう助からないよ…」でした。

 

2ヶ月後、その子はFIP(伝染性腹膜炎)により家族に看取られながら生後5ヶ月で天国へ旅立ちました。少しづつ動けなくなり痩せていく体と、弱まる呼吸…助けてあげられなかった小さな命と最初の死に家族で大きなショックを受けました。

 

購入したお店では生体保障があり、3ヶ月以内に子猫が亡くなった場合新しい子をお迎えできるシステムでしたが、悲しみに沈む私たちは新しい子を迎えるなんて…と気が進みませんでした。

 

見かけはぬいぐるみ、中身は虎の子

 

しかし、ケージの中で体格の大きいオス二匹相手に負けじとケリケリ、猫パンチを繰り出す小さなメスのアメリカンショートヘアの子が目に止まったのです。
小柄ながらも元気一杯のその姿が、どん底の気分だった私たちにはとても救いに見えました。

 

キャットフード 15歳以上

 

連れ帰ったその子は予想通りとても生き生きと暴れ、花瓶をひっくり返しながら花を滅茶苦茶にかじる、家族の干物は盗む、飾られていた鏡餅に飛びついて噛み付き歯型だらけにする、家から隙を見て脱走するなど、とてもお転婆で気が強く、毎日ハラハラさせられっぱなしでした。

 

ある真夏に、暑いからと窓を開けたらセミが入ってきた時なども、外出して狩りの経験が無いにもかかわらず俊敏な動きで飛びかかり、バラバラに仕留めてくれました(セミさんごめんなさい)

 

たくさんの楽しいエピソードを作ってくれた我が家のアイドルですが、そんな彼女も16歳になりお婆ちゃんになりました。
相変わらずお転婆ですが年には勝てず、大好きだった干し芋もかじらず堅いものは嫌がるようになり、食も随分細くなりました。

 

猫の年齢を人間の歳で換算すると以下のようになります。

1歳:人間年齢で17歳
5歳:人間年齢で36歳
9歳:人間年齢で52歳(そろそろシニア食に切り替え始めても良い時期)
13歳:人間年齢で72歳

 

高齢の猫が増えています

昔は11歳まで生きていたら立派なご長寿だったようですが、今は昔より栄養状態も良いことから11歳以上の猫ちゃんも珍しくないようです。現在は15歳からが老年期の節目であり、高齢猫として飼い主である私たちが様々な事に気をつけてあげなければなりません。

 

キャットフード 15歳以上

 

我が家の猫は16歳、人間でいえば80歳に相当します。
出会った頃は、ぬいぐるみのような子猫でしたが、現在は私より遥かに年上だとは感慨深くもあります。

 

最近では、通常の普通食をあげてしまうと消化が悪いのか、吐いてしまったりお腹を下すようになってきました。若い成猫と違い歯や喉が弱くなり、消化器官も衰えてきているようです。

 

また、昔ほど毛づくろいをしない為に、手入れをしないと毛が絡まりダマになりやすく、結果フケなどの皮膚疾患にかかるようになりました。猫は被毛の毛づくろい(手入れ)をしないと血流が悪くなり、体温調節もしづらくなります。

 

 

以上を踏まえて最近気をつけていること
  • 噛みやすく飲み込みやすいか…体力と共に内臓機能も低下し、少食となる為に弱ってきた歯でも噛みやすく、柔らかくのどに詰まらないか。
  • 高タンパク質であるか…高齢猫は毛艶が悪くなりやすく、目やにによる涙やけなども顕著になるので気をつけています。その為に少量でも高品質なタンパク質を摂取して栄養素を摂取させています。
  • 腎臓や胃・腸に負担をかけづらいもの…多くの老猫が腎臓の疾患にかかりやすく、また消化機能

 

が衰えているために下痢をしやすくなります。脱水症状などを防ぐ為にも消化の良いものを選ばなければなりません。

 

愛する猫にはずっと一緒に暮らしながら長生きしてもらいたい。私たちの枕元で、膝の上で、足元にいつだっていてほしい

 

これは全ての飼い主が切実に望み願うことだと思います。
その為にはどんなフードならばバランスがいいか、体に負担をかけずに美味しく猫ちゃんが食べてくれるか…定期検診の際に獣医さんに聞いてみました。

 

おすすめのフードベスト3

巷では見目を意識して着色されたフードが氾濫しておりますが、猫ちゃんは色彩を識別をしないので意味を成しません、ただ体に悪いだけです。

 

以下におすすめする3つのフードは、すべては着色料・香料不使用です。猫ちゃんの為のフードとはこういうものなのだと思います(*^_^*)

 

モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフード

 

モグニャンは自然食材を使用した安全性の高いフードです。原材料も白身魚といった胃腸に優しい食材を65%も使用し、負担をかけにくいのが特徴です。

 

また、猫ちゃんは赤色などの色彩を識別出来ないため、見目を意識して着色されたフードは意味がないのです。飼い主である人間にとって見栄えが良く見えるから、という理由が大きいです。
モグニャンは着色料、香料不使用なのでありがたかったです。本来猫ちゃんの為のフードとはこういうものなのだと思います。

 

◆モグニャンの誕生秘話◆

 

もとはペットフード通販専門だった店主がイギリスの生産現場へ何度も足を運び、厳しくチェックを重ね1年以上の歳月をかけて作り上げました。
オリジナルのレシピは猫ちゃんの喜ぶ抜群の香りと味わいを追求しており、自信をもってオススメできる一品です。

 

こんな飼い主様ににオススメ

 

ヒューマングレード…安価なフードには動物の廃棄部分を利用した副産物や、新鮮ではないお肉が使われてる可能性があります。猫ちゃんにも人間が食べられるくらい新鮮な食材を使った物を使うべきです。

 

グレインフリー…猫ちゃんは本来肉食動物ですが、一般的に販売されている安価なフードは小麦、とうもろこしといった穀物をかさ増しとして使用する事が多いです。しかし穀物は消化する際に内臓に負担をかけてしまうのでおすすめできません。

 

 

>>モグニャンキャットフードの公式サイトはコチラ

 

内容料&原材料 価格 特典&キャンペーン

内容量… 1.5kg
原材料…フィッシュ(白身魚)

通常購入:
3,960円+送料640円

 

定期購入:
1袋:3,960円 ⇒ 3,564円(10%OFF)
2袋:3,960円 ⇒ 3,366円(15%OFF)
6袋以上:3,960円 ⇒ 3,168円(20%OFF)

 

※1袋あたりの値段です(税抜き)
※定期購入は3回以上の受け取りが条件です

・3袋以上(10,000円以上)購入すると、送料・代引き手数料が無料

 

・お届け周期・お届け個数を自由に選べる
・定期購入の休止・再開はいつでもOK

カナガンキャットフード
カナガンキャットフード

 

カナガンの開発者であるエディー氏は最初は小さなペットショップの経営者でした。そしてペットフードの製造メーカーへ転職後、コスト削減や原材料の品質悪化の問題により、「本当に高品質なペットフードとは?」という考えが生まれグレインフリー(穀物不使用)のカナガンが生まれました。

 

グレインフリーにこだわる彼は自身もその徹底したフードライフを守り、安全性を証明しています。カナガンは20年以上もペットフード市場に携わってきた彼の英知の結晶です。

 

こんな飼い主様ににオススメ

 

安全で新鮮なお肉がたっぷり…新鮮なチキンを蒸し焼きにした後ミンチに加工、乾燥させたジューシーで柔らかなお肉がたっぷり含まれています。特にお肉が好きな猫ちゃんにおすすめしたいです。
我が家の猫は魚より肉由来の方が食いつきがよく、そういった猫ちゃんにはこちらは最適だと思います。

 

消化に極めて優しいサツマイモ…猫ちゃんのフードにしては珍しいサツマイモを使用しております。さつまいもは消化がしやすく腹持ちもよいので適した食材でありますが、飼料としては高価です。

 

 

>>カナガンキャットフードの公式サイトはコチラ

 

内容料&原材料 価格 特典&キャンペーン

内容量… 1.5kg
原材料…チキン、野菜、ハーブ

通常購入:
3,960円+送料640円

 

定期購入:
1回の購入合計金額7,000円未満
⇒ 3,564円(10%OFF)

 

1回の購入合計金額7,000円以上2万円未満
⇒ 3,366円(15%OFF)

 

1回の購入合計金額20,000円未満
⇒ 3,168円(20%OFF)

 

※1袋あたりの値段です(税抜き)
※定期購入は3回以上の受け取りが条件です

・1点の購入からでも10%OFF
(購入合計が多いほど割引率がUP。最大20%OFF)
・10,000円以上購入すると、送料・代引き手数料が無料
・お届け周期・お届け個数を自由に選べる
・商品の個数・組み合わせは自由
・定期購入の休止・再開はいつでもOK

シンプリー
シンプリー

 

シンプリーは動物栄養学者のディビッドが考案しました。なんと実に73%もの成分が魚であり、サーモンをベースに3種類の魚がバランスよく配合されています。

 

シンプリーのコンセプトは「20歳まで安心して続けられる」であるためカロリーは少々控えめです。そのため多くのエネルギーが必要になる離乳期の子猫には少々向きません。

 

しかしシニアの猫ちゃんがかかると重篤化する恐れのある尿石症や毛球症などに配慮した配合になっているため安心できます。
毛球症は残留した毛が胃の中でカチカチに圧縮され吐き出すときに窒息や腸閉塞などの恐れがあります。体の弱りやすいシニアは飼い主が気をつけなければいけません。

 

こんな飼い主様ににオススメ

 

お魚の旨みがたっぷり…以前は穀物の配合もありましたがリニューアル後は一切カットし、主成分を魚に変更、さらに高タンパクになり与えやすくなりました。たんぱく質の量はカナガンと同じ37%なので、お肉好きならカナガン、お魚好きならシンプリーと好みで選ぶのも良いと思います。我が家は時々ブレンドして味に変化をつけると喜んで食べてくれるのでそちらも方法の一つだと思います。

 

穀物アレルギーの猫ちゃんも安心…16年8月までの商品には米(24%以上)・コーングルテン・オート麦などの穀物が含まれておりましたが、16年9月のリニューアルでグレインフリー100%へと生まれ変わりました。
米とはまた珍しい…と思いましたが、現在は使われてないようです。

 

 

>>シンプリーの公式サイトはコチラ

 

内容料&原材料 価格 特典&キャンペーン

内容量… 1.5kg
原材料…サーモン、さつまいも

通常購入:
3,960円+送料640円

 

定期購入:
1回の購入合計金額7,000円未満
⇒ 3,564円(10%OFF)

 

1回の購入合計金額7,000円以上2万円未満
⇒ 3,366円(15%OFF)

 

1回の購入合計金額2万円円未満
⇒ 3,168円(20%OFF)

 

※1袋あたりの値段です(税抜き)
※定期購入は3回以上の受け取りが条件です

 

・1点の購入からでも10%OFF
(購入合計が多いほど割引率がUP。最大20%OFF)
・10,000円以上購入すると、送料・代引き手数料が無料
・1週間単位でお届け周期を選べる
・定期購入の休止・再開はいつでもOK

 

ずっと健康で猫ちゃんと安心できる生活を

キャットフード 15歳以上

きっと安価で同じように満足して食べてくれるフードはあると思います。
しかし長い目で猫ちゃんの健康を考えた時、きっと愛する家族の力となり長生きの手助けをしてくれる強い存在となります。なにより専門家である獣医さんのオススメというのは心強いです。

 

我が家の猫も高齢というデリケートな問題も食事を変えたことで体調が良くなり、ゆったりと毎日を過ごせています。

 

どんな年齢になっても大切な家族です、これからも幸せに生きてくれたら飼い主としてうれしいことはないですね。(*^^)v